西井クリニック

診療日カレンダー
Calendar Loading
内視鏡・CT・エコー
外傷・熱傷 湿潤療法
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
院長のブログ

内視鏡・CT・エコー

当院では最新の検査設備を揃えて、病気の初期の段階で適切な治療を開始するように努めています。

以下、当院の主な検査の内容・機器の説明です。

消化器内視鏡 (胃カメラ、大腸カメラ)

FUJIFILM_ADVANCIA咽頭、食道、胃、十二指腸、大腸を直接目視する検査です。

ビデオスコープと呼ばれる超小型のカメラが付いた器具を入れる事によって、消化管を直接見る事ができます。

消化器を直接見る事により、各種潰瘍、悪性腫瘍などを発見する事ができます。

「胃・大腸カメラ」と聞くと「苦しい」というイメージがあるかもしれません。

しかし当院では最新の機器を導入しており、極細のビデオスコープを利用しており、患者様にほとんど負担を与える事なく検査が可能です。

また鎮静剤を適宜使用し、ほとんど苦痛なく検査をうけていただいています。

院長は現在も製鐵記念広畑病院で非常勤の内視鏡業務に従事し研鑽をつんでおります。(内視鏡検査が多い施設です。)

導入機器:FUJIFILM ADVANCIA

実施例:内視鏡診断、大腸ポリープ切除

発見できる病気の例

咽頭がん、胃がん、食道炎、胃炎、胃ポリープ、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、大腸がん など

CT(コンピュータ断層撮影)

SupriaCT(コンピュータ断層撮影)では、体を様々な方向からX線撮影することにより、体の断面写真を撮影することができます。

撮影できる部位は頭部から下肢まで撮影でき、撮影できる断面写真の解像度も非常に高い事から、多くの病気を早期に発見することが可能です。

導入機器:HITACH Supria

発見できる病気の例

脳腫瘍、脳梗塞、各種体内出血、各種動脈瘤・静脈瘤、肺炎、結石、骨折など

エコー(超音波検査)

echoエコーは他の検査装置同様に体の中を見る検査です。

エコーは超音波を使っている為、X線などのような人体への影響が全くないというメリットがあります。

また、その為、エコーで体内の患部を見ながら、患部へ注射をするなど精度の高い治療を行う事が可能です。

特に当院では、筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療として、エコーガイド下の筋膜リリースを行っております。(詳細はこちらを参照願います)

導入機器:

発見できる病気の例

甲状腺の異常、脂肪肝、胆嚢結石、腎結石、肝臓癌、膵臓癌、筋膜性疼痛症候群(MPS) など