西井クリニック

診療日カレンダー
Calendar Loading
内視鏡・CT・エコー
外傷・熱傷 湿潤療法
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
院長のブログ

外傷・熱傷 湿潤療法

従来にけがをすると消毒をした上で極力乾燥をさせて傷口を治すという方法が治療の主流でした。

しかし、消毒薬による消毒は有害な細菌だけでなく、本来の人間の細胞も殺してしまうので、結果的に治癒に必要な細胞も殺してしまいます。

また、傷口を乾燥させることにより、傷口に体内から出てくる滲出液を蒸発させてしまいます。

傷口に発生する滲出液は、それ自身が治癒に必要な成分を含んでおり、それをあえて除去している事になります。

その結果、最終的には傷口の回復が遅れて、傷跡も綺麗に治らない事になってしまいます。

 

注意:当院で湿潤療法をおこなっているのは、西井真です。湿潤療法を希望される患者さんは、事前に電話でご連絡お願いいたします。

湿潤療法とは?

湿潤療法では、上記の理由で消毒も乾燥も行いません。

湿潤療法では、下記の手順で治療を行います。

1.止血

出血をしている場合は、まず止血処置を行います。

2.洗浄

傷口にある異物や有害な細菌を除去する為に、水道水や生理食塩水で十分に傷口を洗浄します。

特に釘が刺さった、動物に噛まれたなどの場合は、傷口が内部に及んでいる可能性がありますので、十分に洗浄を行います。

3.被覆材

傷口を保護する為に、被覆材と呼ばれる傷口を覆うシート状の物を貼ります。

この被覆材は、傷口にある滲出液を吸収をしないようにできており、傷口はずっと湿ったままです。

その結果、滲出液内の治癒に必要な成分により、傷口がスムーズに治癒します。

治療例

湿潤療法を用いると下記の例のように、綺麗に合理的に治すことが可能です。

burn

 参考ページ